次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

「バドミントンの名称」について注目してみた!

紹介

「バドミントンの名称」について注目してみた!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

バドミントンの名称

4つの名称

★バドミントン
これは言わずと知れた日本語です。バドミントンと『ド』とするのが正式名称なのですが、ときどき、一般の人がバトミントンと『ト』と呼んでいることも多いですね。そう呼ばれるとプレーヤーは寂しく感じることもあります。ワープロ、パソコンなどでキーを打ってみると、バドミントンでもバトミントンでもちゃんとカタカナに変換されるんです。だから、いまだに様々な文書でバトミントンと『ト』でかかれているのを発見します。
 なかには、競技とすればバドミントン(『ド』)、羽根突きはバトミントン(『ト』)って区別しているひともいるくらいですが、それは何の根拠もないことです。とりあえず、日本語では競技であれ、遊びであれ、バドミントンですね。

★Badminton
 これは英語です。それから世界のほとんどの国でこのように呼ばれてます。バドミントンの発祥がBadminton村だったことによります。地名がそのまま競技の名前になったのです。だからこのように呼ぶのが一番正しいはずです。

★羽毛球
 「はけだま」とか「うもうきゅう」とか読む日本人がいますが、正しくは中国語で『うーまーちゅー』と読んでください。羽根または羽毛(うもう)がついた球で競技するからで、さすが漢字の国中国で、読んで字のごとしです。

★Bulutangkis
 これはインドネシア語の『ブルタンキス』です。さすが、サッカーはブラジル、バドミントンはインドネシアと言われるだけあって、インドネシアの国技のような競技で呼び名も特別です。
 同じくマレーインドネシア語圏であり、インドネシア語とは標準語と関西弁くらいの違いしかないマレーシア語では、Bulutangkisと言っても一応通じますが、一般的にBadmintonを使います。ただ、マレーインドネシア語ではもともとBuluは羽根、Tangkisは「攻撃をかわす。受け返す。」などの意味がありますので、マレーシア人はこの意味に捉えることが多いのです。ただし、マレーシアの国民的英雄ミスボン=シデク氏の『Badminton Teknik Asas(バドミントン基本技術)』という本には、シャトルのことをBulutangkisという語を使っていることも紹介しておきましょう。

バドミントン 【badminton】
〔バトミントン〕
球技の一。ネットをはさんで,ラケットで羽毛球(シャトルコック)を打ち合うもの。イギリスのグロスター州バドミントンでゲームの原型が作られたことからの称。

出典 http://www.weblio.jp

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!